大事な目の機能

目

目を労わることが大事

40代前後から目の異常を感じるという人が増えてきます。それは、目の渇きであったり、目のかすみ、目の疲れであることが多いです。仕事などで目の使いすぎ、スマホの見すぎなどで目の疲れを感じていることが多いのですが、40代にもなるとそれは老眼のサイン、初期症状でもあります。生活するうえで大事な目の機能を一生維持するために、このころから目を労わることは大事になってきます。そもそも老眼についてあまりよく知らないという人も多いかと思いますが、最近テレビなどでもピント調節という言葉を耳にするようになりました。老眼とはこのピント調節が上手くできなくなった状態です。人の目は水晶体を厚くしたり薄くしたりすることで、ピントを合わせています。加齢とともに、水晶体が硬くなったり、水晶体の周りの筋肉が硬くなることにより、ピント調節がうまく働かなくなるのです。老眼なのか、疲れ目なのか迷う30代40代前半、この時期の目のケアはとくに大事にしたいものです。この時期に、目を労わってあげることで、老眼の進行を抑えることが出来るかもしれません。まだ自分は若いからといって目に負担をかけるのは厳禁です。目薬を使用したり、目の周りの筋肉のストレッチも効果があります。昔は、老眼鏡を使うと老眼が早く進むといった説がありましたが、最近ではそのようなことは言われておらず逆に、我慢して目に負担をかけることでさらに症状が進んでしまうので、我慢せずに老眼鏡を使うことを勧められています。早いうちからの目のケア、目に負担をかけないことが大事です。